お肉屋さんが経営する焼肉屋さんのハンバーガー

お肉屋さんが経営する焼肉屋さんのハンバーガー

よくお肉屋さんで美味しいコロッケを売っているお店がありますよね。

私が前に勤めていた会社の近くにあったお肉屋さんのコロッケはとても美味しいと評判でした。

確か1つ70円か80円くらいだったのではないかと思います。

お昼どきに行くとちょうど揚げたてであつあつのコロッケを食べることができました。

そのコロッケは、じゃがいもがほくほくしていて、お肉屋さんだけにお肉もたっぷり入っていてとても美味しかったです。

結構ボリュームがあったので、1つ食べると大満足でした。

そして、今回美味しいと聞いたのは、お肉屋さんが経営している焼肉屋さんで作っているハンバーガーです。

そのハンバーガーを売っているお店は、私の家からは車で2時間ほどかかるところにあるので、それだけのために食べに行こうとは思わないのですが、今回、ちょうどそのお店の近くまで行く用事があったので、立ち寄ってみることにしました。

そのお店は、お肉屋さんが経営する焼肉屋さんのお隣にありました。

店内は、それほど広くなく、テーブル席とカウンター席がありました。

お店についたのがお昼を過ぎていたので、お客さんはあまりいませんでした。

メニューを見るとサーロインステーキのバーガーなんてものもありました。

これも美味しそうだなと思ったのですが、やはり最初は定番のものを食べようと思い、そのお店の名前がついたあいかわスペシャルバーガーというバーガーを注文しました。

友人も同じものを注文しました。

出てきたバーガーは、思った以上にボリュームがありました。

ハンバーグの他にたまごやベーコンが入っていました。

「これってかなりカロリー高いよね」と言いながらも友人と私はきれいにバーガーを完食しました。

味は、やはりお肉屋さんが経営している焼肉屋さんのハンバーガーだけのことはあって、ハンバーグがとてもジューシーで美味しかったです。

ただソースが多すぎて食べているとだらだら垂れてしまい食べにくかったところが残念でした。

でも、久しぶりに食べ応えがある美味しいハンバーガーを食べたなという感じがして大満足でした。

友人とまたこのお店がある方面に行くことがあれば寄ってみようねと話しながら帰りました。

やはり専門店の何とかには美味しいものが多いようです。

婚活パーティー 名古屋

ロッカーの鍵

私の職場は、入社するとすぐに玄関の鍵とロッカーの鍵が

渡されます。

玄関の鍵は、たまに早くきたときに誰もいないときに開けることがありますが、ほぼ使いません。

ロッカーの鍵は、ロッカーはあるのですが、部屋から遠いところにあるし、ロッカーに置くほどの荷物がないので、今までずっと使わずにいました。

先日、退職する人が、玄関の鍵とロッカーの鍵を返していました。

それを見て、ふっと私はロッカーの鍵はどうしたのだろうと思いました。

玄関の鍵は家に持っているのですが、ロッカーの鍵らしきものは見当たりません。

もしかして失くしてしまったのかな‥と思って心配になってきました。

他の人に聞くと、ロッカーの鍵を持っているという人もいれば、最初からロッカーを使っていないので持っていないという人もいました。

使っていない人のロッカーには、内側にそのロッカーの鍵が貼り付けてありました。

私のロッカーももしかしたら内側に鍵が貼り付けてあるかもしれない、と思いロッカーを開けてみました。

すると、なんとロッカーが開かないのです。

私のロッカーには鍵がかかっていました。

その鍵はもしかしたら自分でかけたのかもしれません。

ロッカーに関する記憶が全くないのでどうしたものかなと思いました。

同僚にその話をすると、同僚のロッカーは鍵もなく開いたままだということでした。

私のロッカーは鍵がかかっているようで開かない、ということを言うと、「もしかしたらドアがかたいだけかもしれないよ」と同僚が言ったので、もう一度ロッカーに行って強くドアをひっぱりました。

すると、ドアはがたがたという音をたてて開きました。

ロッカーはドアの取り付けが悪かったのか開きにくくなっていただけでした。

とりあえずはよかったです。

問題のロッカーの鍵ですが、鍵がないロッカーもたくさんあるようなので問題はないようです。

私は以前勤めていた会社でロッカーの鍵を失くしてしまい、スペアキーがなかったので、大事になったことがあります。

そのときのことを思い出して憂鬱な気分になっていたのですが、問題がないということが判明してほっとしました。

そして、私が職場に入ったときは、玄関の鍵だけ渡されてロッカーの鍵は渡していなかったということも判明しました。

それを聞いてまたほっと胸をなでおろしました。